--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/16

カタコマ商会 ケルティックビジネス事業部

画像

現在、私はケルティックロイヤルナイトソードで商売をしています。

最初は友人に頼まれて作り始めたケルティックロイヤルナイトソード。
私の銘入りを希望されていたので、銘が入らなかったものは売りに出していました。

そうして、ケル剣を作っては売りに出す事を繰り返していた時、
もしかしたらこれで本格的な商売ができるかもしれないと思うようになりました。

原資がそれなりに必要、また製造原価もけっこう高い。
けれど、それ以上に大きなリターンが望めるかもしれない。

そう思い立った私は、ケル剣でビジネスを始めました。

画像







画像

画像

鍛冶で物を作る時、最後の仕上げ工程でミニゲームをします。
このミニゲームの結果によって品質が決まるので、とっても重要なところです。

赤い×印の点を、下のゲージがMAXぐらいになったタイミングで計5回クリックします。
中心を正確にタイミングよくクリックできれば、品質をある程度安定させることが可能です。

しかし、このハンマーのカーソルの打点をよく見ると、多少大きさのある菱型をしています。
この菱型を×印の真ん中に正確に合わせても、実打点はこの菱型の裏のどこかにランダムに落ちるため、最終的に出来上がる物の品質は腕だけでなく運も絡んできます。

そのため、鍛冶で作れる物の品質は、A級が実質的な限界と言っても過言ではないと思います。


画像
※クリックで拡大します

ミニゲームの腕に問題がなければ、だいたいB+級~C+級の品質になります。
運が良いとA級が出来ることがあり、また運が悪いとC級になってしまうことがあります。
ちなみに、1ヶ所でもクリックに失敗するとD+級以下のものになってしまいます。


画像

1週間かけてダンジョンや露店などで材料を集め、
月曜日になればすぐに製作して売り出します。
月曜日中に売れれば、その売上でさらに材料を集めて追加製作することも出来ます。

そうして、月曜日が終わるまでに製作できた数から、売上予想高が出せるので、
原価と経費を差し引いて、当期の純利益を知ることができます。

画像
※クリックで拡大します

思えば最初は1本のケル剣を販売するところから始まったこの事業。
あれから2ヶ月も続けていたら、事業の規模がそれなりに大きくなっていました。

それにしても、今週はやたらと売り上げが伸びて過去最高益を出しました。
やはりてんびん座の恩恵が大きかったのではないかと思います。

以前は1週間に数本売り出す程度の規模で運営していて、
その規模でも安定して利益を出せるような売価に設定していました。
ところがそれをそのまま、てんびん座の時期でも同じ売価で続けたため、
予想を遥かに上回る売れ行きにより、今回これほどまで利益が膨らんだのではないかと思います。


今後は、てんびん座の時期が過ぎれば確実に売り上げは減少することでしょう。
今よりも少し規模を小さくすることになると思いますが、かといって小さくし過ぎると販売機会ロスを起こしてしまうかもしれません。
在庫があれば売れたかもしれない時に在庫を切らしているのは非常にもったいないので、それなら在庫を抱えたほうが良いと思っています。

今のところケル剣の需要はまだあるようなので、今後もしばらくは生産を続けていく予定です。


画像

ついに億の文字がw

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

((ノェヾ))ゴシゴシ
( ゚д゚ )ポカーン
((ノェヾ))ゴシゴシ

いちおく・・・( ;・`д・´)ゴクリ

鈴梅なの。

ロイヤルケルティックGaruruneを売り出したらいいの。原資は要らないの。鈴梅たちもホッとするの。

でも苦情対応が大変そうなの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。