--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/30

シリエン最奥部の巨大標本を採る。

画像

遠くからでもよく目立つ、シリエン生態保護地区外郭2地区の最奥部の巨大な物体。実はアレも立派な採集できる標本なのです。



画像

しかし、巨大標本を守るかのように周りをモンスターが取り囲んでいるため、なかなか近づくことすらままなりません。
この様な難敵に立ち向かうその方法とは・・・?








その方法とは、レインキャスティングで雨雲を展開するだけです(笑)

モンスターのタゲ数には上限があることを利用して、最初に植物のタゲをたくさん貰ってから奥へ入ると、サスクワッチからタゲを貰わなくなります。



画像

コツとしては、食虫・食人植物合わせて3~4体を警戒状態にさせたのち、食人植物1体を認識状態にさせることです。



画像

サスクワッチにタゲられることなく雨雲を展開できれば、あとは連続で雨雲を重ね続けるだけで
巨大標本を半永久的に採集することができます。

ただし、レインキャスティングを連続で行うにはレイン持続細工またはクールタイム減少細工などが必要になります。

レインがなくても一応タゲられないので採集はできますが、何らかの原因により突然植物のタゲが外れ、サスクワッチにタゲられてボコボコにされてしまう事があるので、レインがあったほうが安全に採集はできます。





画像

巨大標本は10分くらい採集し続けることができ、枯渇するまでにはおよそ800個ほどのシリエンの結晶が集まります。
ただし、ハーブ類は一切採れません。

また、巨大標本にて採集をしたときは、シリエン生態学の修練が1度の採集で2回分埋まるようになっています。
採集が難しいかわりにボーナスが設定されているようです。


もし、これからシリエン生態学を修練する予定があるのなら、この巨大標本でというのも一考の価値があるかもしれませんねw

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。